金利の基本は年利

金利のお話となると預けている金利は皆無に等しく定額借りている金利は割りと高額と言った感じではないでしょうか。基本的に金利とは年間何%かかりそれに元づき一年でいくら、半年でいくら、一月でいくら、一日でいくらと言った金額の計算が出てくると思います。ですので金利の基本は年利と言った事がわかります。利息の支払に関して言えば住宅ローンなどのローンを組まれている方はかなりの数いらっしゃると思いますが、賃貸で言うところの家賃の支払を丸々銀行から借り入れたローン金額プラス利息の支払に当てる様な感じであります。ですから家賃と考えてローンと利息を支払っているので実際に利息で払った分がやはり高額であってもそこまで気にしていないのが実情なのかもしれません。実際住宅ローンで言えば所得税の控除なども受けれてその分返ってくる分も最初の10年ほどはあります。しかしその事を考えても銀行に支払った利息だけでもかなりの金額になるのは間違いありません。借入れ単価が多きけれが大きいほど利息も増えます当然年間の利息の計算を元にしていきますので、負担される金額の事実は大きいでしょう。預け入れの利息はすずめの涙程度ですので、計算に入れることは出来ないです。

コメントは受け付けていません。